親知らずを抜いたpart2

ちなみにpart1などというタイトルの記事は作成してないです。

私の中で、親知らず抜いたの2回目なのでpart2。

 

前回の親知らず抜歯は電気メスによって切られているという、匂いは感じました。

肉が焼かれているという匂い。

今回は、何となく手順を知っているので、ぼんやりしているまま、何となく終わりました。先生が上手だったのかもね。

 

前回と違うのは、口の片側だけでご飯を食べるのがうまくなったということ。

前は、最初の2日くらいは、ゼリーとかお粥とかしか食べられなかったけど、今回は割と早い段階で、固形食が食べられます。

固形食といえども、どんぶりとか、カレーとか、出汁やスープによって、少し柔らかくなった料理だけど。

 

早く歯茎が回復して、普通に生活したいな。

歯はずっと大事にする。

矯正もして、ちゃんと並べたし。

 

歯と肌は大事にする。

お母さんに小さい頃からめっちゃ言われてるの。

それだけは守ろうと思う。

個人として尊重してほしいところ、考え方とかを許容してほしいところはあって、相容れない部分もあるけど、大事に育てられてきた。

歯と肌は言われた通り大事にしていく。

(ほんの小さな虫歯ができてた※治療済 なんて、一生の秘密です。)

 

日が空いたので、なんとなく思っていることを書き留めておきます。