ひりひりとした読みたくない気持ちと書きたい気持ち。

しょうじき、人のブログなんて読みたくない。

人の書いた文章なんて、天気予報以外読みたくない。

 

自分だって、それなりにちゃんと書きたい。

そんなひりひりとした読みたくない気持ちと、書きたい気持ち。

 

それでも、

この人は何を書いている。

どんなことを強みにしている。

どんな魅力がある。

 

そんなことを気にして、読んでしまって、ああ、やはり書く人、書ける人はすごいなと、自分の小ささを見せつけられる。

 

もっと、もっと。

そう駆り立てられるから、読みたくないけど、ひりひりと胸が焼けるような気持ちが、誰かが書いたものを読ませる。

 

書けるのか、書けているのか、手ごたえを得ることは一向にまだないけれども、それでも、胸の奥から迫り上がるため息を押し殺せないから、書く。

 

一人でもいい、誰かが、きっと読む。

この前提があるから、ブログなどを書いてしまうのだと思う。

この文は、おおよそ400字詰め原稿一枚。まだまだこれからね。