いつだってカレーと珈琲をきめたい

カレーを食べたら、無性にコーヒーが欲しくなります。

この現象が起こるのはなんでなのか。

よくわからないけど、カレーの脂分を、すっとさせたいという脳のシグナルでも発信されているのかな。

 

これも不思議な現象

 

休日の朝は、こういう気分でいたい。みたいなこだわりが見える不思議な心です。

ちなみ次の駅から電車が混みはじめたので、休日気分は初めの5分くらいでしたが、悪くはなかったです。

 

自分のご機嫌を取るのに、カレーや珈琲やパンとお紅茶を活用しています。

 

 

いつだって母は娘のことを考えている。もう少し自分のことを大事にしたらいいのにと思う。

久しぶりに母から電話があって、何事かと思ったら

「仕事着にいいと思って、このブラウスどうかな」

と同時に妹からLINEで画像が送られてきた。

そのブラウスは爽やかな感じで綺麗だと思った。

「いいね」

と答えると。

「じゃあ、お母さんとお父さんからのプレゼントってことで買うね。デパートの商品で、値段見てもあなたはきっと買わないだろうし」

「待って。うれしいけど、お母さんの自分のお買い物しなよ」

「いいのいいの」

そういって電話が切れた。

母自身の身体のことにお金をかけてほしい。薬とか病院とかもだけど、若い頃はおしゃれにこだわって、きれいなお洋服を買っていたのに、今は自分のことはさておき、手が離れたはずの娘の洋服とか気にしている。

自分のことに、もっとお金を使ってほしい。

母自身がお金かけようとしないなら、こちらからいろいろ送付けようかな。

マッサージの券なり、お金なり。

母はいつまでも娘が心配で、そんな母が娘も心配なのです。

 

ひさしぶりの更新でした。