読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さみしがりすぎて恋人に泣きながら電話をするメンドクサイ彼女とは私のことです。

現在、パートナーと一緒に暮らしています。

しかし、たまにパートナーが実家に帰ったりして、1人暮らしのような生活になるときもあります。

3日ほど前に、泣きながらパートナーに電話していました……。

「ごはんを食べる気にならない」

「アニメをみたってさみしい」

「寝るときに一人なのは不安…」

 

せっかく恋人と話しているのに、子どものように泣きじゃくり本当に可愛くないです。

しまいには

「早く帰ってきて……」

とわがままを言い出す始末。

我ながら、とてもとてもメンドクサイ彼女だと思います。

 

そんなメンドクサイ彼女と通話中、

「やっぱタイトルに数字入っている記事(”夢をかなえる3つの○○”みたいな記事)は読みやすいね」

と言いながら、パートナーがこの記事をシェアしてくれました。

hanamirei.com

 

泣きじゃくる彼女に、この記事をシェアする恋人のことを、私は冷静に考えてそういうところがいいところだと思っています(※個人の感想です)

さみしいと感情を爆発させているときに、参考になりそうな情報を検索する心の余裕は難しいのではないでしょうか。

そう考えると、お医者さんからお薬を処方されたときのように一旦冷静になれます。

 

よくあるハウツー記事ですけど、まずは冷静になろうと読んでみました。

記事で書かれている

「共感できる作品を見る」

「突拍子もない希望を書いてみる」

これは、結構なリフレッシュになると思います。

 

そして一旦落ち着いた私にパートナーが言いました。

「ひとりだったら、相手の時間を気にせずに好きな事をとことんできるし、何か思い切りやってみなよ」

 

翌日

冷静にはなったものの、まださみしさは解消できておらずモヤモヤしながら退勤した私はある衝動に駆られました。

「スパイシーなものが食べたい!!」

本当は歯の矯正治療をしているので、色素の強い食べ物(カレーやトマトソース等)は控えなくてはいけないのですが、次の矯正器具の交換が1週間後だと思い出し「どうせ交換するからいいだろう」と近くのカレーの美味しいカフェに行きました。

 

スパイスの香りが食欲をそそり、おなかから温かくなれる上、気取らない食べ物のカレーが好きです。

食後にチャイを頂きながら、ノートを開いて思いついたことをどんどん書いていきます。書きながら大学生のころを思い出しました。

受験に失敗して、滑り止めの大学に通うことになった自分。

そんな自分が情けなくて、つらくて、入学式用のスーツを買いに行った先で泣いてしまいました。結局スーツ屋さんで買うことはできず、後日衣料量販店で適当に選んでスーツを買いました。

抜け殻のような大学生活のなか、唯一好きだったことは、黙々とカレーを食べて、ノートに言葉を書き付けることでした。

やりたいことをリストアップしたり、何でもない日常のことを書いたり。

 

そういう、彼女に出会う前の自分。悔しくて悲しくて引きこもっていたときの自分を思い出して、あのとき描いた希望の何パーセントかは実現していることに少し嬉しさを覚えました。

 

さみしがりなメンドクサイ彼女は私のことですが、昔に比べたらちょっとは成長しているようです。なので、これからもちょっとずつましになると思います。

歯の矯正が終わったら、いろんなカレー屋さんを巡るんだ!

 

今回はそういう私の日常の記録でした。

Tommy